最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月18日 (月)

またしても右側STIレバーが・・・。

壊れてしまいました。これで4個目か、とにかく、シフトダウンは出来るのですが、シフトアップ(緩めるほう)を操作すると、シフトダウンのレバーも、つられて動いてしまう。

ネットで検索し、調べると、STIレバーのメカ内に塗ってあるグリスが劣化すると、ラチェットの動きが悪くなり、変速できなくなるようだ。

早速、パーツクリーナーで洗浄してみるも、やはり、症状は同じ。

触った感じでは、どうもスプリングか何かが外れているか、折れているかって感じだった。

うーん

今までも右ばっかし壊れている。

今回の自転車は、余ったパーツを利用し、酔狂で自作したクロス車なので、すぐに練習に支障はないのですが、クロス車だったら、9速の方が、MTBのパーツとか使えて、いいかなーっと思うので、

マツダさんに「ティアグラ」を注文しました。

あーティアグラかよ。9速って。

ローラー台専用となっているチネリ(ウニカ)も右側が不調で、左アルテグラ、右105である。

酒席研究員のご子息に貸与したTNIは逆で左105、右アルテグラである。

今まで、さんざ右STIレバーには、スカかまされて、コケそうになっています。

ほんま、シフトアップして、ダンシングで加速しようとして、操作したら、ちゃんとシフトアップせずにスカかまされたら、ホンマ、コケまっせ。

次、壊れたら11速にしよ。

=所長=

| | コメント (2)

2010年1月 5日 (火)

読書のじかん

この本は、賛否両論というより、否ばっかしの本だろう。

そんな本をご紹介します。

Enzo

うーん、どっかで聞いたようなタイトルであるが、

中身は、????

もし、ロードバイクを始めたばかりの超初心者であったなら、

「へー!そうなんや!こないだ買った店に騙された!」

と、思うでしょう。

もし、ロードバイクを始めて、10年未満の初心者であったなら(ポルポではそう。40代はまだまだ若手。先生と呼ばれるのは60過ぎてから。どこかの政党と同じ)

「偏見と勝手ばっかし書きやがって!頭にくる!」

と、思うでしょう。

もし、ロードバイクの匠の域に達している方、もしくは、ロードバイクに乗り、霞を食っていれば生きられる方ならば、

「ハッハッハッ!言うねぇ、この人。」と笑って本を置くでしょう。

兎に角

自転車ブームなるものが生み出した、

モノは何なのか、この玉石混合のマーケットに苦言を呈する一冊に間違いありません。

カーボンなら、何でもいいのか?軽ければ何でもいいのか?駅前の大きなカメラ屋さん(本来は)の売り方はいいのか?サイズは?素材は?そして同じことを同じように書いてみせる自転車雑誌の有り方(記者クラブでもあんのか?)について書かれています。

それらを「幸福な自転車乗り」と「そうでない・・・・」に分けているので、自転車暦10年未満の初心者には難解かもしれません。

私、個人的には、幸福な自転車乗りとは、この一台と決めた精度の良いフレーム。これならばと選んだ精度の良い車輪、パーツを使い、フレームなんかは塗りなおしとかして、まるで、映画グランブルーのエンゾが、難破船救出のギャラでポンコツの愛車チンクエチェントを塗り直したように、愛着を持って、ながーく。気持ちよーく乗るもんじゃないかな?と思います。

諸先輩を差し置いて、しかもロードバイクにのって、30年に満たない私が言うのもなんですが、人生そのものなんですね。

Viva la Vida!

=所長=

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

床屋さん

まいど。いつも昼飯を食う中華の店のテーブルには、大きい注しビンに醤油、小さい注しビンにソースが入ってます。何も表記が無いので、うっかり、ソースで餃子を食べる所長です。

さて、年末ギリギリに床屋にいきました。

残念ながら酒席から行くように強要された床屋ではなかったのですが、

私のなじみの床屋です。

私らにとって、床山さんを変えるっちゅうことは、自転車選手ならば、マッサーを変えるようなもの・・・。そう簡単に気心知れないヒトに髷をさわらすことは難しいのです。

で、その床屋さんで、

イチローにされました。

全然似てないけど。家内には「HEROES」に出てくる「安藤くん」だと言われました。

Scimg1492

ほんとはこんな風にしたかった↓

Spock1_2

「これでは、あまりにも論理的すぎる・・・・」

ところで、

私が通う床屋は面白いヤツで、ある日、

「スポーツ刈りにして下さい」という、30過ぎの男性が来店した時の話。

床屋業界ではスポーツ刈りはもはや、化石で、よっぽど田舎の陸上部か、ヤ○ザしかしない髪型であるらしい。

床屋は「ハイハイわかりました」と、ハサミを取り、

ちょっとポップな感じ(桂小枝みたいな・・・)にしてみせた。

Katsurakoeda1

床屋は気を利かせたつもりだったが、客は出来上がりを鏡で見て、

「困った困った。」

と、しきりに、やたら短い刈り上げ部分をさする。

一緒に来ていた客の奥さんも「部長には先に言っとかないとねぇ。」と困ったご様子。

床屋はせっかくオシャレにしたのに!と不信に思い、

「お仕事は何ですか?」

と聞いてみた。客は

「警察官です。」

「・・・・・・・・・・・。」

私のなじみの床屋は・・・

「ポップなお巡りさん」を造ってしまった。

=所長=

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

あけまして、おめでとうございます

謹んで、新春のお慶びを申し上げます。

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

=所長=

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »