最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 軽く熱中症 | トップページ | 恐るべきお好み焼き »

2008年8月 9日 (土)

酔っ払いの言うことを真に受けてみる

まいど、酔っ払うと必ずシャックリが出る所長です。

さて、

Kawasima このような本を見つけて、衝動買いました。

「記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?」

酒飲みなら誰しも思う疑問です。

読んでみましたが、簡単に言うと、酒を飲んで酔っ払っているときは、脳みそ内のデータを読み出しは出来るけど、新たに書き込み(保存)はしにくい状態らしいです。

もしそうなら、酔っ払っている人が脳みそのデータを読み出して喋っている情報を真に受けてみても良い訳だ・・・・。

Syuseki ってことで、

先日も酒席研究員と飲み会。

(写真は別の日です)

結構酔っ払って来たときに、なぜか、

Tamago 「たまごかけご飯」の話題になりました。

なぜ、その話題になったかは・・・・

謎です。

ここらが本当に酔っ払っていた証拠でしょう。

酒席「オレはたまごかけご飯にゃ、こだわってるよ。」

所長「それは私もです。第一、たまごかけご飯に瓶詰めのグルタミン酸ナトリュウムなんか、かけませんよ。旨み成分アミノ酸を得るなら昆布です!醤油の瓶に出汁昆布を入れて寝かしておくんです!」

酒席「ほう、確かに美味そうだ。しかし、それだけでは二番手だな。松竹梅で言うと竹だ!」

Kosyou 所長「じゃ、他に何が有るというんです?!」

酒席「それは・・・。胡椒。」

所長「こ、胡椒??」

Konnaome

酒席「それに出来たらコンソメも入れると美味い!」

所長「!!」

酒席「そう、ピリッと隠し味を利かせる。それに、卵の中で味のあるのは黄身でしょ。だから卵一つに黄身丸ごとと白身半分くらいが良いんだなぁ。」

所長「それでは卵の全体量が少なくなるから、一膳のご飯とのバランスがとれないのでは?」

酒席「うん、だから、卵を二つ使って、一つは全卵、一つは黄身だけにする。」

所長「たまごかけご飯ひとつに、なんと贅沢な!」

酒席「いやいや、それがたまごかけご飯の品格ってもんだよ!」

所長「品格ですか!?藤原正彦先生も真っ青ですな!」

酒席「がっはっははぁ!」

と、酔っ払い二人のウンチクは延々と続き・・・

後日

Dekiagariさすがに黄身二つはもったいないので、やりませんでしたが、

実際に食べてみました。

Jisyoku 「おっ」

確かに一口目は美味いような・・・・・。

でも、

Bimyou 微妙。

=所長=

|

« 軽く熱中症 | トップページ | 恐るべきお好み焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽く熱中症 | トップページ | 恐るべきお好み焼き »