最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月21日 (木)

大暴落!

まいど!

昨日、久しぶりに仕事が早く終わりまして、会社の近所で買い物していたら、ショーケースにiPodが陳列されていました。

ついつい、衝動買いでiPod shuffleを購入!金9800円也~。だって、私の初代iPodは故障して表示がなんも出ないんだもん!

それが午後6時30分くらいでしょうか・・・・。

その後、午後7時10分にAppleからメールマガジン着信・・・・。

が~~ん!

5800円に値下げ・・・・。

なんと40分間で4000円の大暴落!40.8%下げました。こっれってアリか!angry

=今年5月までに日経平均17800円以上に回復しないと投信で大損する所長=

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

チャーム

Akuse毎度!一週間に1回は携帯を持ち忘れる所長です。
そんな私が、ストラップって言うのか、最近はチャームって言うらしいですが、そんな物を携帯電話に付けてみました。
どうもお守りらしいのですが、
バックの馬蹄はそのお守り本体、
前の自転車、どうもマウンテンらしいレーサーは交通安全の意味らしいです。
よく見るとライダーの苦しそうな表情も表現してあります。小技が光りますね!

=所長=

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

機種変更しました

っと言っても、携帯電話では無く、研究所のコンピューターの話です。

とうとう、私のPower Book G4はバッテリーも弱ってしまい、最初はメモリ効果かとフル放電、フル充電を繰り返してみましたが、効果なく、代わりのバッテリーを探しましたが、何処にも売ってない。精精、一つ後のアルミモデル(ノートブックの外装)まで・・・。そう私のはチタンモデルというヤツで、あちこちペラペラの薄い板で出来てるのに、曲がらない、傷つかないという強靭かつ軽量モデル。だのに、サポートサービスが終わってしまうと全く無力です。

そうして、注文したのがMac Book Proです。厚みは薄いが結構重い!

Proっちゅうからには、それなりの機能が詰まってるんでしょうが、ノート型としては異例の重さです。ハードディスクなど、高速回転仕様にカスタマイズしたせいかもしれません。

例の薄いヤツにしなかったのは、拡張性と、将来、OSがまた重くなった時のため、ちょっと良いスペックが必要だったからです。

Suti Huzokuhin さて、早速開封!

なんか緩衝材のスチロールもおしゃれです。

付属品も以前同様、医療品のようなパッケージ。衛生的っぽいですね。

ここしばらくのMacは買い換えると、データやユーザー設定、ネット接続設定など全て引継ぎしてくれるので助かります。普通はコピーすら出来ない音楽やソフトも引き継がれています。

Detaisou

諸々引継ぎして約4分。

デスクトップのグラビアアイドルまで、そっくりそのまま移動してくれました。

そして、早速、使おうとおもったら、日本語入力できない。

前のMacが引き継ぎ出来ない(OSの都合で)ATOK14を使っていたためだと思われますが、どうしたら良いかMacの説明書にもヘルプにも書いてなくて、そのATOK14の説明書でようやっと、言語設定ってところを設定すべしと、見つけた次第。

あと、無線LANももう一息。

これからデス。

=所長=

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

フェレットの冒険 Ⅰ、Ⅱ

まいどフェレットネタですみません。今回はオススメBOOKです。

「かもめのジョナサン」で有名なリチャード・バック氏の新刊が出ました。
「フェレットの冒険 海の救助隊」と同じく「フェレットの冒険 嵐の中のパイロット」です。
氏はご自宅で10頭のフェレットとお暮らしのようで、彼らから助言を受けながら執筆したと語っておられます。ご承知のとおり。著者は軍歴も含めて超ベテランの飛行機乗りでらして、今でも水上飛行機(紅の豚みたいなヤツ)を時おり駆っておられるようです。
本書の中身は・・・フェレット好きで飛行機マニアにはコタエられない内容で、ポルポ航空部の必読書「B29操縦マニュアル」に続き、副読本としたいくらいです。
当然、主人公はフェレット、その他登場人物もフェレットもしくは小動物が活躍します。
子供向けってわけではないかも知れませんが、大人から子供まで楽しめます。
ただ、生命や死の捉え方に独特の思想が感じられ、そこらへんが、「かもめのジョナサン」については、五木寛之をして「肌になじまない」と評させた宗教観なのかもしれません。
ま、とにかく、可愛い仕草のフェレットたちが、軍隊ばりに活躍する描写は時にコミカルであり、時に涙する・・・。イマドキ・オススメの2冊であります。

=所長=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

あやめちゃん!ハウス!

まいど!未だに704iが使いこなせない所長です。
さて、研究所の見習い研究員でフェレットのあやめちゃんは「ハウス!」と命令すると、自らケージに戻ります。いつ覚えたのか謎なのですが、気がつけば出来るようになっていました。


今度は偶にしか家に帰らない、我らが酒席研究員にも仕込みたいですね!
「酒席!ハウスっ!」

=所長=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »