最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月11日 (火)

その穴も、なかった事に・・・

こないだから、シャンプーを変えてみた所長です。

さて、(シャンプーの説明は面白くないので省きます)

Ja1 以前の研究でご報告したとおり、私のお気に入りであったレーパンが、極悪フェレット、あやめちゃんの牙によって引き裂かれる事件がありました。

結構な値段のするモノですし、捨てるには愛着もあって・・・・。

なんとか補修できないか・・・?と考え、近所のスーパーへ補修材料を探しに行きました。手芸用品コーナーなんて、ほとんど行ったことも無いし、もし、そんなところを、仕事関係の人に見られて、「やっぱ、手芸とかレース編みが趣味なんか。」と思われるのも私の場合は不都合であったりするのですが、レーパンと同じ素材の端切れでもあれば・・・と、探していると、良いもの見つけました!Ja4

バーン!

「ジャージの補修布 黒」です。黒と書いてあるからには、当然、他の色もあります。

たぶん。

Ja2

まず、補修布を適当な大きさに切ります。

角は丸くカットしたほうが、後々はがれ難いかと思います。

接着剤が粒々になっています。

このおかげで、伸縮性が保てるのだと思われます。

Ja3

そして、レーパンを裏返し、被れた部分に補修布をあてます。

今回は大きな穴になっておらず、裂けただけなので、

表面に補修布はせずにおきます。

Ja5 あて布をして、アイロンを指定の温度でかけます。

約30秒!

あんまり高温で長時間あてると、レーパンが縮んでしまいかねません。

注意、注意。

Ja6 そうやって、完成した表面ですが、これならなんとか目立たずイケそうです。

皆様も破れたジャージはこれで補修!簡単ですよ!

やれやれ。と言うことで、

調子にのって古いジャージ、レーパンなども補修しまくりました!

つい、やりすぎちゃうのが、悪い癖ですね。

ヘリサート加工のときも、いらんとこまでヘリサートしちゃいましたからね。

=所長=

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

4時間耐久しまくりました。

まいど!ここんとこ寒いので、毎朝お湯で顔を洗っている、ちょっと、ユルめの所長です。

さて、ご報告が遅れましたが、前の日曜日はグリーンピア三木に於いて、846プロジェクト主催でMTBの4時間エンデューロが開催されました。名づけて「タイオガ・フェスタ」

私も、MTBの研究のため、参加してまいりました。当初は酒席も参戦予定でしたが、なんかワカランウイルスだか、寄生虫だかに感染し、リタイヤ。その代わりにセナ君とそのパパが参加してくれました。

Scimg0459 写真はスタート前の緊張セナくん。

当日は天候もよく、路面もドライだったのですが、とにかく寒い。朝は3℃くらいで、ベンチコートを脱ぐのもおっくうだ!

ところが、レースコース。山の中に入ると温室のように熱い!これがMTBの面白いところ。森の中はほとんど無風で、しかもロードほどスピードが出ないので、体の放熱が出来ません。

このエンデューロはそのスジの方にはよく知られているのですが、主催者の八代正さんは、朝から呑んでます。そういう大会なのです。ストイックさゼロ。

Scimg0465 そして、クッキング大賞なるカテゴリーがありまして、一番美味い昼飯を作ったチームが表彰されるユルさ・・・。私たちは明石蛸入りおでんと、蛸の子煮付けを用意。美味しかったです!

その八代さんもMCの中で

「今日!ビール飲むのは1時までに決めとるんやー!」

でもね、ゴール寸前の2時でも

「今日。9本目~」とか言ってる。

まあ良くあるわな、酔っ払いの宣言した「終わり宣言」は聞かんほうがええ。

「12時58分で終電やから、ワシはそれで帰る。」ちゅうて朝まで居るオヤジですな。

Scimg0476 肝心のレース結果は、わたしらTEAM POLPOはジュニア混合(中学生を含む)チーム中2位!全体でも17位の大健闘!

表彰状と記念の品を受け取りました!

ギザウレシス

即席のチームで、これだけ健闘できたって、奇跡です!

Scimg0480 別のカテゴリー、チーム4人の年齢足して200歳(平均年齢50歳以上)のカテゴリーでは泥本さん率いるチームが入賞されていました。自転車、特にMTBは長ーくやれるスポーツなんですね。オジサマたち14周!スゲー

=所長=

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »