最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月20日 (水)

裸族

私事で恐縮ですが、

実は私

裸族・・・です。

そういう村とか種族出身ってことではなく、家に帰ると、取りあえずハダカになりたいのです。

衣服を身につけていることが、うっとおしくてたまらない。

冬場でもそうなので、夏はなおさらです。

複数の知り合いに聞いてまわると、結構この手の人種はいるようで、ただ多くの人がまだカミングアウトしていないため、社会的に認知されていないようです。

世の営業職やら管理職はこの蒸し暑いのに仕事中は日に約14時間もネクタイを締め、上着を着なければなりません。なんでこの極東アジア地域でイギリス人の真似をしなければならんのか?よくわかりません。もしタイムマシンがあれば、幕末に行って伊藤博文とか、井上馨とかを羽交い絞めにしたいくらい。(ま、八つ当たりですが、私の友人の英国人は皆、冬でも短パンTシャツです。)

とにかく、この夏、日本の裸族たちよ団結せよ!と声を大にして言いたいです。

クールビズだぁ?まだまだ甘いぜ。JR白浜駅みたいにアロハで仕事したい!

ちなみに一連の研究もほぼ全裸、もしくはパンツ一丁で書いているとご想像ください。

Simgp0004 =所長=

今回は研究内容に沿った写真が掲載不可能でしたので、あやめちゃんの写真でお茶を濁します。

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

美しい日本の炊飯

ガラにもなく夏風邪をひいてしまった所長です。

1週間も長引いてサイテーですが、まだ、私に風邪をうつしたのが事務所の女の子らしいので、「ま、いいか。」と密かにニヤケる所長です。

さて、風邪をひいて、練習もできない。仕事も能率が上がらない。

でも腹は減る。と、いうわけで、前から挑戦してみたかった土鍋炊飯にチャレンジしましょう。

先ず、ネットで手順を調査。全くその通りやってみてどうなるかの研究です。

私一人分あればOKなので、いつもインスタントラーメンを作っている土鍋を用意。

お米を180ccボールに入れ米を研ぎます。もうこの時点でメンドクサくなってはいけません。根気強く米を研ぎましょう。

Imgp0048 ザルで水を切り、土鍋に米を移し、200ccの水を入れます。

その状態で20分待つ・・・・。何の為に20分間待つのかは・・・謎です。

20分間の放置プレイがすんだら、いよいよガスコンロで炊きます。

ガスコンロを中火にします。

Imgp0050 土鍋から勢い良く蒸気が出たら弱火にし、吹き零れないように火力を調節します。

ちょうど10分間、炊き続けます。

注意ここまでの間、決して土鍋のふたを開けてはいけません。日本では古来より開けてはいけないものを開けてしまって、お爺さんになってしまった人の記録がたくさん残されています。気をつけましょう。

ちょうど10分たったら、今度は炊き上がったご飯に「おこげ」をつけるために10数える間強火にしましょう。10数えるのは、日本語、北京語、広東語、フランス語、何語でもかまいません。

10数えたら、火を止めます。

ここから、15分間蒸らします。

何度も言うようですが、この間も、決して土鍋のふたを開けてはいけません。日本では古来より、開けてはいけないものを開けてしまって、実は娘が思いもよらぬ野生動物だったという事例がたくさん記録されています。気をつけましょう。

Imgp0068 15分間たちました。いよいよフタを開けてみましょう。

お米が一粒一粒浮き立っています。これを「お米が立っている」といいます。

しばしばご飯を炊いてくれた人への謝辞としても使われます。

Imgp0069 そして、これが「おこげ」です。

日本人の多くがこの「おこげ」に対してある種の郷愁や思い出、ワビやサビなどを感じるようです。その理由は・・・。謎です。

Imgp0071 さて、多くの日本人はこの、おこげのあるご飯に、レトルトカレー(商品名ボンカレー)をかけて食べます。

キャンプの味がしました。

ところで、この「おこげ」のおかげで、土鍋を洗浄するのに大変な労力と時間を費やした事をご報告いたします。

ここまでの複雑怪奇な作業をたったボタン一つでソツなくこなす、電気炊飯機は大変すばらしいということが、今回の研究でわかりました。

=所長=

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

あやめちゃんの宝物

Aya1 弊研究所のペットであり見習い研究員でもあるフェレットのあやめちゃんをご紹介いたしましょう。彼女はまだ2歳半くらいで体重も900gほどです。

普段はケージのなかで過ごしますが、ケージの外(アパートの中ですが)にも複数秘密基地をもっていて、その中にはフェレットの習性で沢山の「宝物」を隠しているのです。

以前飼っていた故松之助は男の子だったので、秘密基地にはボールやら何かわからない部品やらが詰め込まれていました。

Aya3 さすがあやめちゃんは女の子で、小さなヌイグルミばかり集めています。母性本能からか、赤ちゃんごっこをしているようです。ヌイグルミを決して傷めることなく、大事に大事に運んでいます。

=所長=

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »