最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月27日 (土)

我、CD十連奏ヲ解体セリ

研究所の営業車であるレガシィには後付でSONY製CDチェンジャーが搭載されていた。

最初のうちは機嫌よく鳴っていたのだが、ボタンを押しても動かなくなり、自分で操作パネルをバラして、修理するなど、トラブルがあった。

その後、だんだんとおかしくなり、1曲進むのボタンを押すとCDをチェンジしてしまったり、誤作動が増え、ついには全く演奏できず、「リセットシテクダサイ」と表示されるのみになった。

リセットしても結局、「リセットシテクダサイ」を繰り返すばかり・・・・。

うーむ。これが噂に聞く「ソニー時間」ってやつか・・・。SONY製品はある時間使用すると必ず壊れるという都市伝説・・・。いや、実は・・・。

私は中学生のころ無線に凝っていて、BCLラジオもSONY製を愛用していた。

以降、ベータマックス以外はほとんど同社の製品を使用し、危うくエル・カセットまで買うところだったほどSONY党を自称していた。

ところがここ10年ほどあはどうも様子が違い、同社の業績も旧落下しはじめたと思ったら、買った製品皆壊れまくる。研究所のリビングに置いてあったTV、トリニトロンもあっという間。どうしたSONY!!

ま、その会社のことはさておき、ここに重大な問題があった。

故障してもう動かないCD十連奏チェンジャーの中に、私の愛するCD十枚が取り残されたままいるのである。

なんとか救出したい・・・。その思いは片時も脳裏を離れることはなかった。

時、偶然にも、研究所の営業車を買い換えることとなり、新車にはiPod用のコネクタがついているとのことである。もう、CDチェンジャーは無用の長物、前世紀の遺物である。(前世紀はたった7年前だが・・・。)

よし、分解して、CDを救出しよう!私のココロは決まった。

当初、外側のケースを分解すれば簡単に取り出せると踏んでいた。ところが、事はもっと深刻であった。

Dvc00008 写真のとおり、CDが1枚、再生モードに入ったままで、10連奏マガジンから引っ張り出されたままという状態だ。

このまま無理に引っ張り出せば、このCDを傷つけてしまう!

しかも、バネやギアをひとつ外しても、何箇所かの仕掛けが絡み合っているらしく、大人しくマガジンに戻ってくれない。

Dvc00007 仕方なく、ネジというネジを外し、とことん分解することとなった。

どうせ、壊れたCDチェンジャーである。次に誰か引き取り手もなかろう・・・。

しばらく、分解作業を続けるうち・・・。

やった!再生モードからCDを切り離すことができた!

Dvc00004 私の心に感動の津波が押し寄せる!

フゥ・・・。まるでオペが終わったブラック・ジャックにも似た達成感である。

この感動の記念にと何か部品取りしようと思うが、何がよいか???

やっぱりモーターか!

古代ローマのコロッセオにおいて、勇者が勝利のしるしとして敵の心臓をえぐり、高々と観衆に見せしめたように、私はその駆動部本体をドライバーとニッパを用いて切除した。

Dvc00002 ただ、このモーター。

思ってたより大きく、「made in china」とはっきり書かれていた。

本体はマレーシアで組み立てられたのかな?

今回、CDチェンジャーを分解してみた感想は、プリント基板以外、各パーツをつなぐハンダ付けは結構ヘタクソだったです。パートさんの仕事なのですね。

なお、新しい営業車の詳細はまた日を改めて・・・。

=所長=

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

カレー自然増殖理論

最近、巷で話題になっているらしいメニューを研究所で作ってみた。
それは、
Curynabe カレー鍋である。カレーうどんをみんなで食べるイメージである。
ああ、食品業界に携わり、食に関してはプライドもあった私にとって、禁断のメニュー。
何故かと聞かれれば、当然。
鍋の中の具が全てカレー味になってしまうからである。
私の愛読書に「カレーライスと日本人」(森枝卓士著)講談社現代新書がある。
この中で氏は「何でもカレー粉を入れればカレーになってしまうが、カレーに何を入れてもカレーのままである。カレーは増殖することができたのだ。」と述べている。
その通り!私がつたなき学力で要約するならば、
「カレーから何をぬいてもカレーのままだが、何かにカレーを加えれば、それもカレーになってしまう。」
たしかに、実際に食べてみると、白菜、肉などどれもカレー味の一言である。
しかし、考えようによっては、冷蔵庫の余り物、餃子やシューマイ、古い冷凍肉など全てカレー味で食べれてしまう。ご家庭をあずかる主婦には強い見方だ。そして
ついでにお正月に飾っておいた鏡餅の中身(小さいお餅)で雑煮を作ってみた。
Curyzouni_1 それがこれ。
結構いけるよ!おせちに飽きたら何とかねって宣伝文句にも合致するし。

Zouni2作り方はかんたん。うどん出汁にカレールウを混ぜて、カレーうどんのようにすればいいのです。スープを飲んでみるとカラダが暖まっていい感じでした。
おすすめですよ!
=所長=

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

シーチキンさんを探せ!

先日、知り合いが、話の中でふと、

「私の家には、ご先祖が、日露戦争のときに、ロシア本土から貰ってきた絵画か多数ある。」

と言う。   で、なんて名前の画家が書いたのかと聞くと。

シーチキン・・・。みたいな名前の人。」

なんだろう?そのツナ缶のような画家は?「みたいな」と言っているので、そのままズバリではなく、音的に似たような名前なのか?

はは~ん。プーシキン。たしかそんな詩人がいたぞ。それとプーシキン美術館ってのもある。早速、「ロシア 画家」でネット検索してみたが、それらしい名前には行き当たらない。

もしかしたら、たとえば本当に「ウラジミール・シーチキンさん」とか、いう無名の画家がいたのかもしれない。いや、待て待て、もともと日露戦争のときにロシア本土から・・・。」ってとこもおかしいぞ!

かの戦争は確か、日本海の海戦とか、昔の満州、旅順とかでの戦争でしょ?

その知り合いはさぞ「モスクワ」から持ち帰ったような話ブリだった。たぶんそこまで進攻してないと思うけど。

くそー私が高校で世界史の授業を受けてないからってナメられたのか???

人のあいまいな記憶っていうのも2代目3代目になるとムチャクチャになるようである。

ともかく、皆さんのお知り合いで「シーチキンさん」って方がいらしたら、是非ご一報ください。

=所長=

| | コメント (2)

2007年1月14日 (日)

食足世平

Chikenお正月早々に私の好きな経営者である安藤百福さんが亡くなられました。仕事が忙しくて書き込む時間が無かったので、遅ればせながらお悔やみ申し上げます。
氏はタイトルのとおり、食足世平(世界中のみんながお腹イッパイなら戦争は起きない)という信念の元に企業を経営され、安価で保存が利き、お湯さえ有ればどこでも食べられる食品の開発に注力されました。
何より好きなのは、カップヌードルのCMのなかで、使われなくなって朽ち果てた戦車の回りに花が一面に咲き、その中で子供達がカップヌードルを食べているという美しいシーン。こんなに創業者の精神がTVCMにまで染み通っているのは珍しいのではないでしょうか?
私も訃報を聞いてすぐに研究所にあったチキンラーメンを食しました。説明書通り、タマゴをのせて・・・。
いままで食べたラーメンの中で一番でした。重い一杯でした。
百福さんの魂よ、やすらかたれ・・・。そして地球に平和を・・・。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

大誕生祭

本日、1月11日は私の44回目の誕生日です。

お誕生日ケーキを不二家で買ってほしい所長です。

なんとしても今日、不二家のケーキが食べたい所長なのです。

P1010011 40歳の誕生日には酒席がケーキと40本のロウソクをもってきてくれて、火をつけると、あわや火事になるところでした。写真には故松之助も写ってます。


Syuzai ところで、先日、業界紙の取材を受けました。

インタビュアーのお姉さんがロードバイクをお持ちだったので、自転車の話ばかりしていたら、その部分はほとんどカットされ、理屈を捏ね回したようなムズカシイ話だけになってました。

=所長=

| | コメント (2)

2007年1月10日 (水)

ジェネリック

忙しくて書き込みが遅れましたが、日曜日は自転車の初乗りとなりました。
しかも、強風。研究所を出た時はただ風が強くて、寒いだけだったので、パールイズミのウインドブレイクジャージを着込んで颯爽と朝練へ向かいます。
ただ、このジャージ、プラス3℃くらいでは暑い暑い。汗をかいてしまい、コレではいかんとペースダウンする始末でした。途中で大雪となり、集まった5人で「眠っちゃいかん!」と励まし合いながら、なんとか喫茶店に到着いたしました。
Tni 今回、初乗りで使用したのは、悪天候用にセットしたTNIです。適当なパーツで組んだわりに安定しています。
TNIのフレームと言えば自転車界の「ジェネリック・メーカー」で、私のは昔のピナレロにそっくりです。しかも安い。まったく、アルミとカーボンバックの接着面まで処理がそっくりです。実際の性能もそっくりではないでしょうか?最近では「フルカーボンモデル」として、LOOK KX Lightのジェネリックも販売していて、本家のLOOKを所有する身としては苦笑いですね。
自転車に限らず、へんてこなジェネリック商品を見つけたら、また掲載しますね。
=所長=

| | コメント (0)

2007年1月 7日 (日)

携帯、荒野を行く。

どうも。忙しいお正月が終わって「ほっ」としている所長です。

さて、先日、世間がお正月の真っただ中の事ですが、会社でふと、携帯電話が無いことに気が付きました。家に置いてきたのかな?と思い、帰宅してから探すが何処にも無い。自宅の電話でその無くなった携帯に電話してみた。
やはり、どこからも着信音が無い・・・・。
どうも、どこかで落としたようだ・・・。
と、こちらからかけていた私の携帯に「もしもし!」と誰か出てる!若い女性の声だ!
一瞬、もしかしてオネイチャンの部屋に置き忘れたか?と思うが、そんなことは無い、昨夜はちゃんと自宅で寝てたはず。
続けて、その女性は「セブンイレブン西明石南店です。落とし物の携帯をお預かりしてます!」
なーんだ。
でもヘンだぞ?確かに出社前、6時にセブンには寄ったが、西明石南店じゃない。
2Km近く離れた貴崎3丁目店、わたしの行きつけの店舗だ・・・。
そういえば、クルマから降りた時にポケットから落ちたかも?
Keitai 早速、引き取りに行き、携帯も無事帰ってきた。ストラップの「やわらか戦車」もそのままだし、不正に操作された形跡も無い。よかった、よかった。
先ほどの携帯に出てくれた女性店員に聞いてみると、外の駐車場に落ちていたと届けられたらしい・・。でもこの店には来たこともないのに・・・・。

続きを読む "携帯、荒野を行く。"

| | コメント (2)

2007年1月 1日 (月)

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中はウレシイことも沢山ありましたし、悲しいこともありました。

本年はどうかウレシイ事だけ沢山ありますように。

そして皆さんにも、たくさんの幸運が訪れますよう祈念いたします。

ところで、今、仕事中なんだわ・・・。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »