最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

自転車ロードレースと女子バレーボール。そのココロは?

今朝、出勤前に「めざましテレビ」を見てビックラこいた。

いつも「今日の占いカウントダウン」だけ真剣にみて、後は聞きながら出勤準備なのだが、芸能ニュースの中で、元バレーボール選手の益子直美さんが結婚したというのだ、しかもお相手はスキル・シマノの山本雅道選手。

おおっ!自転車競技がメジャー芸能ニュースに出てきたぞ!ちょっと紀香にかぶされちゃったけど。

しかも。益子さんについては私、「長身美足フェチ」研究のため、写真集を研究費で購入したこともある。なかなかフェチ応えのある(こういう言い方すんのか?)お御足であった。

ともかくお二人ともオメデトウございます。末永いご多幸をお祈りいたします。

今からロード選手を目指す若者は、速いだけでなく、日ごろから身奇麗にしておかねばなりません。そして、是非、女子アナのマンションから出てくるところを写真に撮られる覚悟で頑張り、ロードレースのメジャー芸能ニュース入りのため、献身していただきたいと思う今朝なのでした。

=所長=

| | コメント (1)

2006年12月23日 (土)

クリスマスは苦しみますのだ

タイトルはTVアニメ「天才バカボン」のサブタイトルでこういうのがあったと記憶しています。

仕事をしていて実感するのですが、だいぶ前から日本における個人消費のピークはクリスマスイヴになっています。食品も衣類も耐久消費財も贅沢品も全てがクリスマスイヴの消費を見込んで12月23日に動きます。つまり今日です。

おかげで本日はエエ仕事をさせてもらいました。あークタクタだ~。昨日今日と通常平日の5倍くらいモノが動きます。

日本人の宗教観はさておき、全体主義っちゅうか、一時にみんなと同じコトしてないと不安なんでしょうか?

ところで、同じアニメのタイトルで、こんなのがありました。確か「ドクタースランプ」で

「さんざんサンタさん」って回がありました。

なんかテンポがよくって、「てんてん天満の天神さん」くらい耳に心地よいので記憶にのこってます。しんどい目にあってるのは私だけではないようですが・・・。

=所長=

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

2006年焼酎の旅

お待たせしました。予告していました研究結果です。

題しまして、

コンビニでワンカップ焼酎を選ぶ際の一因子に関わるミクロ的考察

                          =所長=

導入

先日、いつものように仕事帰りにコンビニでワンカップ焼酎を購入し、研究所内、ビデオ試写室で自転車モノのドキュメンタリー映画「Over Coming」を研究していた。

ふと、画面からワンカップ焼酎の容器に目を移すと、なんだかメンドクサイ事が書かれていた。

P1010016 「焼酎甲類乙類混和」

焼酎に甲や乙があるのは薄々承知していたが、こいつは混和ときた。しかも甲類の原料として、タピオカと記されている。たまに他研究所との接待で高い中華料理コースを頼んだときにデザートとして出てくる、グミみたいなアレか。

謎は深まるばかり・・・。しかし、弊研究所には「発泡酒の謎」を研究した実績があったのだ。

検体の収集

P1010012 研究所近隣に位置する3箇所のコンビニで6種類のワンカップ焼酎を収集した。

今回、明らかに甲類とだけ明記する焼酎を取得できなかったが、甲類乙類混和を3種類、残りは「本格焼酎」と明記されていた。中の1ブランドには、本格焼酎についての説明がなされていた。要約すると、乙類のことを、本格焼酎と呼び、1回の蒸留のみ行うため、原料の風味を有する500年の歴史を持つ蒸留酒だと言うのである。

検証

早速ネットで検索し、複数のサイトより情報を得た。主にはこちらより。

取りまとめると、甲類は大量生産されたエチルアルコールに加水したモノ、アルコール度数は36%未満。廉価な酒として好まれ、チューハイやカクテルの原料となる。ただし、韓国産の甘ーいモノもこちらに含まれる。

乙類は日本古来の方式で蒸留され、泡盛なんかもこの乙類に分類される。

原料本来の特性が生かされ、個性が強い。

ただし、本格焼酎を名のるからには

  • 原料には穀類ないしイモ類を使用する。
  • 原料に清酒の粕を使用
  • 米麹、水及び政令で定められた砂糖を使用
  • 上記に該当しない場合は、穀類もしくはイモ類麹が、水を抜いた原料の50%以上の重量を占めている。

となる。(引用フリー百科事典Wikipediaより)

実証

いよいよ実際に飲んでみます。

まず、本格焼酎と明記するものですが、どれも個性が強く、芋を原料にしたモノは特に嗜好の分かれる所でしょう。しかし、じっくり焼酎を味わわれる方にはこちらでなければ、なりません。そば焼酎や麦焼酎は非常に飲みやすく、食事とも合いますが、ただアレルギーをお持ちの方にはお勧めできません。

次に混和ですが、これは原料本来の味を持つ乙類をさらに飲みやすく、さらにお安くした仕様と思えます。本格焼酎より、少し甘く感じるのは、エチルアルコールの原料(タピオカなど)かな?確かに飲みやすいです。

そして甲類ですが、韓国産のものしか手に入りませんでした。

甘みが強く、酔いやすい感じです。コイツで失敗した人をたくさん知っています。

ほんとにコピー通り、「楽しいお酒です

結論

P1010025 飲んで、酔ってしまえば皆同じ・・・。なのですが、

それぞれの個性の強さに恐れ入りました。

今まで、甲類、乙類といえば、当然、甲乙つけがたいの言葉通り、甲が上位で、乙が下位と思っていました。

そのイメージを払拭する意味で本格焼酎という表示が出来たのですね。

最後に

皆様、これからの御付き合いシーズン、この研究が是非お役に立てるよう。心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (2)

2006年12月 8日 (金)

自立しました・・・。

まいど!!ふぞろいな秘密に戦々恐々としている所長です。

さて、ついに、例のモノを取り付けました。
仕事用MTBに・・・。
Stand こいつです。

スタンド・・・。

有れば便利であることは承知の上ですが、スポーツバイクを愛する私としては、同じくらい好きな鰹のタタキにマヨネーズをかけるくらい踏切に躊躇いたしました。

で、付けてみて、 

ドン!
Stand2 うわ、
カッコ悪。

しかし、これで、世間一般のモドキMTBに紛れてイズミヤで買い物したりできるわけです。でも、やっぱり階段とか登ったりして・・・。

まだサスはSIDだし、ヘッドパーツもKINGのままですし、十分に世を忍ぶ仮の姿になり果てました。
後ろに写っているGIANTにその座を譲り、新旧交代のワンショット。
まあ腐るな、鉄アンカー。仕事用として、たまには女子社員にも貸したげるのだから、いつまでもフワフワサドルでいておくれ。

=所長=

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

たまには、お役立ち情報を・・・。

正しく「ミスドのカスタードクリーム」を食べる方法とその作法。

皆さんの中にも景品目当てで、別段食べたくも無いドーナツを必要以上に購入してしまい、後で体重計に乗ってから後悔する方も多いでしょう。私もその一人です。

たかがドーナツと言えど、食べ方を間違えると大変な惨事を引き起こす可能性をアナタはご存知だろうか?

ここではその危害を最大限に回避する方法を研究してみました。

P1010003 私が今回注目したのは、通常、私たちがイメージとして描くドーナツ。真ん中に穴の開いたそれではなく、ミスドでは「カスタードクリーム」とか、「カレーパン」といった商品名で呼称される、肉まんのように中にクリームなどが挿入された種類である。

まずは、ドーナツに感謝の意をこめて柏手を二回打ち、二度礼をします。

これは素材を生んだ大地と、小麦粉を発酵させてくれた、エタイのしれないイーストフードや、マニュアル通りに「有難うございました~またお越し下さいませ~」といってくれた、バイトの兄ちゃんへの感謝の心を表現したものです。

P1010004 さて、いよいよ食べましょう。

しかし、ちょっと待って!

この前に、確認しておかないと、後で大変な事になりますよ・・・。

そこには大きな落とし穴があったのです。

P1010001まず、左図のように、生地の中に後からクリームを押し込んだような穴を見つけることから始めましょう。

ここがポイントです。

この穴は後でキレイにふさがれるような作業がなされていないため、この個所を下にすれば、地球の重力が作用し、内蔵されたクリームが落下します。

よって、食べるときは、この部分を上にしておかないとなりません・・・。

つまり、一番最初にかぶりつく個所なのです。

P1010007

左の図では、クリーム挿入穴を下に向けてしまった不幸な場合。

おや、おや、これでは大切なネクタイも汚してしまいますね。

P1010006皆さんも右図のごとく、正しくドーナツを食し、正しいメタボリック症候群の仲間入りをされることを切に期待しておる次第です。

次回はワンカップ焼酎の飲み比べなど肝臓系自虐研究を企画しております。尚、今回の研究で、当初、カレーパンを研究対象と考えていましたが、タレてきたモノがあまりにも人体から排泄されたそれに、絵ヅラ的に近しいものなので、あえてカスタードクリームに変更いたしました。マニアの皆様には、ご不満もあるかと存じますが、何卒、ご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

=所長=

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »