最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 空気、入っテル・・・? | トップページ | 秘密のボタンでジャ〜ンプ! »

2006年10月 9日 (月)

おまえはもう、死んでいる。

昨日のポルポ朝練では、研究のため、昔の決戦用バイクを持ち出しました。Bianchi XL EV2です。
昔のっていうのも、ただ飽きたからと言うのではありません。
Bianchiev2 実は、超軽量アルミチューブの寿命というか、乗った感じ、しなりすぎて乗るのにコツが必要にまでなっているのです。
ご覧の通り、見た目は派手で、ポルポレコードで一番ケバいバイクに選ばれた事もあります。
この研究機材が来るまで、話は長いのですが、前出の丹下クロモリフレームに乗っていた私は、ポルポ総研会計主任に新しいロードを買いたいと稟議をかけます。
結果、コガ・ミヤタを購入するのですが、朝練中の事故で大破させてしまいます。
Koga 私自身も意識不明で、ぶつかった自動車のドア2枚とそれぞれのガラス、屋根をへこませて、即、救急車でした。
左の写真ではフォークが反対方向に曲がっているのがお判りでしょうか?
しばしの治療でカラダも治り、保険で賠償金も出て、代わりのバイクが必要となります。
まず、私はマツダさんにBianchiのアルミフレーム、XLを頼みました。着たフレームには、私の大好きなマルコ・パンターニがジロで優勝した記念モデルで有ることを示すナンバリングが打たれていました。
雑誌ではナンバリングモデルは即完売で在庫無しって書いてあったのにヘンですね。ところが、しばらく練習やレースで活躍するうち、異変に気が付きました。
「フレームが縦に割れてる・・・。」で即返品、替わりにスカンジウム配合の新型が着ました。が、1週間乗って、またフレームが突然「ぱかっ!」っと裂けてしまいました。いやーその時、登りで分かってよかったです、死ぬかと思いました。

またもや返品交換ででしたが、当時の輸入代理店(今はコルナゴの輸入代理店)は快く応じてくれ、またもや新モデルが着きました。それが、いま有るBianchi XL EV2なのです。
その後、レースでの走りも良くて、ツールド淡路(淡路島サイクルマラソン)でチャンピオンになった事もあるバイクです。疑惑の判定でしたが・・・。当時、総研会計主任が「何かで優勝したら飲んでもええよ」と飾っておいた「ドンペリ」を祝勝会の席、皆で回し飲みしました。そして現在に至るわけですが、さすがに劣化し始め、力をかけるとクニャっとしなり、ダンシングするとコケそうになります。
その分、乗り心地はフワフワでMTBのフルサスに乗っているようですが・・・。
とにかく乗りこなすのにはコツがいります。挑戦してみたい人は所長で・・・。って、こいつ。もう、引退させてあげてください。

今まで十分に思い出をくれた一台ですから・・・。
=所長=

|

« 空気、入っテル・・・? | トップページ | 秘密のボタンでジャ〜ンプ! »

コメント

トラウマです。
所長が淡路チャンピオンになったときですが、・・・。所長はいいんですが、もう一人に抜かれました。

投稿: チャンプ | 2006年10月 9日 (月) 22時31分

前回のセンチェリーランでは、私もその方に抜かれました。
後半はずっと、一緒で、着順は私と「ひがピョン」さんが先だったように思いますが、時間差スタートだったので、順位は繰り下げでした。
ほんまエエように使われましたワ。

投稿: =所長= | 2006年10月10日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空気、入っテル・・・? | トップページ | 秘密のボタンでジャ〜ンプ! »